ウォーターサーバー利用に伴う電気代

“ウォーターサーバーは意外と忘れられがちな事ではありますが広義には「家電」に分類されます。またボトルやサーバー内の水や空気を新鮮なまま維持する為には24時間常に稼働させておく必要があり、電気代もその分かかってきます。


ウォーターサーバーにかかる電気代相場

ウォーターサーバーは主に冷水機能やサーバーの水を清潔に保つ為の常駐電力と、温水を利用する際のヒーター電力、二通りの方法で電力を消費します。その為どの程度温水を利用したかによって消費電力は微妙に異なってきますが一般的には凡そ月1000円前後が相場だと言われています。尤も電気ポッドの使用量が減る、冷蔵庫を開け閉めする回数が減るなどのメリットもウォーターサーバーにはある為「電気代1000円増し」という考え方は厳密には正しくありません。


最近では省エネ商品も

また最近のウォーターサーバーには省エネボタンがあり外出時や夜寝る前に押す事で消費電力を抑えるサーバーや、人の気配や部屋の明るさに応じて自動で温水温度を下げて節電モードにはいる省エネ商品等も登場しているといいます。これらの省エネに対応したサーバーは豆に省エネボタンを押すなどでうまく働けば月々の電気代を凡そ500円以下に節約できると言われています。

This entry was posted in ウォーターサーバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.