ウォーターサーバーは季節問わずフル活用可能!

ウォーターサーバーと言うと、冷たくて綺麗な水が出るというイメージがとても強く、実際に薬局や飲食店に置いてあるウォーターサーバーには、冷たい水が出るものが多いのです。しかしそんなウォーターサーバーは冷たい水だけではなく、きちんと温水も出るということをご存知でしたでしょうか。

そこでこの度はそんな季節を問わず使える水サーバーの魅力について、まるで水が浸透するかのような伝わりやすさでご紹介致します。


●ウォーターサーバーの温水システムとは●

ウォーターサーバーには水を溜めこんでおくための、大きなタンクが備え付けてあります。そのタンクには、私たちが自分の手で、水がなくなると取り替える水のパックが繋がっていて、水をそのタンクに常に移しています。そしてそのタンクこそが、水の温度を一定に保つための装備となっているのです。タンクは冷たい水と温かい水との2種類に分かれており、それぞれ決まった温度で管理されています。サーバーのコックを回すと冷たい水や温かい水が分かれて出る理由は、この分割されて管理されているタンクに秘密が隠されていた訳です。
水を切り替えて利用出来るとあって、年齢も性別も問わずに楽しみつつ水を利用して頂けます。タンク自体はサーバーに備え付けてあるので、自分で掃除をする必要もなく、サーバーの会社によっては定期的なメンテナンスも無料で行ってくれるというものもあるのです。


●夏は冷たく冬は暖かく水を飲もう●

サーバーで出した水を温めて飲めば良いと考える方もいますし、ヤカンで一度にお茶を煮出したいという方もいらっしゃいます。しかしそんな面倒な手間はいらない、そこがウォーターサーバーの大きな魅力でもあります。温水をそのままコックから出すことが出来るので、お茶のパックを直接急須やコップに入れてそのままお湯を注ぎ、蓋をして数分待てば美味しくて暖かいお茶が出来上がります。サーバーの水は天然水なので、水道水のように煮沸して使うということもせずに済みます。
もちろん夏はそのまま冷たい水を楽しむことが出来、お茶を大量に作り置きすることも、ウォーターサーバーの安全な水なら直接水をポットに入れてお茶にしても、長期間保存することが可能になるのです。夏場は特に水分補給が欠かせないので、ウォーターサーバーのようにすぐに綺麗な水を飲めるものは重宝されます。

自分の毎日の生活を更に健康的に、水のサーバーで綺麗な水を飲んで、温水や冷水を切り替えて日々に取り入れるようにしましょう。

This entry was posted in ウォーターサーバー. Bookmark the permalink.

Comments are closed.