ウォーターサーバーは季節問わずフル活用可能!

ウォーターサーバーと言うと、冷たくて綺麗な水が出るというイメージがとても強く、実際に薬局や飲食店に置いてあるウォーターサーバーには、冷たい水が出るものが多いのです。しかしそんなウォーターサーバーは冷たい水だけではなく、きちんと温水も出るということをご存知でしたでしょうか。

そこでこの度はそんな季節を問わず使える水サーバーの魅力について、まるで水が浸透するかのような伝わりやすさでご紹介致します。


●ウォーターサーバーの温水システムとは●

ウォーターサーバーには水を溜めこんでおくための、大きなタンクが備え付けてあります。そのタンクには、私たちが自分の手で、水がなくなると取り替える水のパックが繋がっていて、水をそのタンクに常に移しています。そしてそのタンクこそが、水の温度を一定に保つための装備となっているのです。タンクは冷たい水と温かい水との2種類に分かれており、それぞれ決まった温度で管理されています。サーバーのコックを回すと冷たい水や温かい水が分かれて出る理由は、この分割されて管理されているタンクに秘密が隠されていた訳です。
水を切り替えて利用出来るとあって、年齢も性別も問わずに楽しみつつ水を利用して頂けます。タンク自体はサーバーに備え付けてあるので、自分で掃除をする必要もなく、サーバーの会社によっては定期的なメンテナンスも無料で行ってくれるというものもあるのです。


●夏は冷たく冬は暖かく水を飲もう●

サーバーで出した水を温めて飲めば良いと考える方もいますし、ヤカンで一度にお茶を煮出したいという方もいらっしゃいます。しかしそんな面倒な手間はいらない、そこがウォーターサーバーの大きな魅力でもあります。温水をそのままコックから出すことが出来るので、お茶のパックを直接急須やコップに入れてそのままお湯を注ぎ、蓋をして数分待てば美味しくて暖かいお茶が出来上がります。サーバーの水は天然水なので、水道水のように煮沸して使うということもせずに済みます。
もちろん夏はそのまま冷たい水を楽しむことが出来、お茶を大量に作り置きすることも、ウォーターサーバーの安全な水なら直接水をポットに入れてお茶にしても、長期間保存することが可能になるのです。夏場は特に水分補給が欠かせないので、ウォーターサーバーのようにすぐに綺麗な水を飲めるものは重宝されます。

自分の毎日の生活を更に健康的に、水のサーバーで綺麗な水を飲んで、温水や冷水を切り替えて日々に取り入れるようにしましょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーのトラブル

ウォーターサーバーの人気は年々高まり、多くの企業が「安全な水の提供」という業界に参入しました。それだけ過当競争も激化しています。会社は個々のウォーターサーバーの機能性やスタイル、宅配方法に特徴を持たせ、他社との差別化を図っています。それとともに、トラブルも発生しています。


<ウォーターサーバーに寄せられる苦情で、問題ないもの>

ウォーターサーバーの苦情には、未開封のボトルの中に確認できる浮遊物や沈殿物についてが多いようです。
天然水をボトリングしたミネラルウォーターをつかったウォーターサーバーによく見られますが、これは溶けていたミネラル分が決勝となって現れたものです。溶けているときには目に見えませんが、結晶化すると沈殿物や浮遊物となります。無害ですし、ミネラルが豊富であることの証明でもあります。外部からの混入物であれば大問題ですが、そういった類のものではありません。


<ウォーターサーバーの無視できないトラブル>

チャイルドロックが壊れていたことでやけどをしてしまえば、これは大問題です。取り返しの付かないことにもなりかねません。使っている人も、日常的に確認していきましょう。正常な状態で納品されても、使っているうちに壊れてしまうこともあります。またメンテナンスではこういった箇所も確認しますので、定期的なメンテナンスは必要なのです。水の味が極端にまずかったり、ビニール臭があるといったトラブルも見られます。水の味には好き嫌いがありますので、お試し期間などは積極的に利用しましょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーのデザインの豊富さが嬉しい

以前までは、大きくて業務用みたいなウォーターサーバーが多くて、ご家庭に置くのはちょっと・・・と思っていた人もいますよね?
でも、最近のサーバーは大きさもそんなになくてデザインも豊富になってきているから、好きなものを見つけられると思いますよ。(>>>>>ウォーターサーバーをレンタルする前に)お子さんがいるのならキャラクターがデザインされているものを、ご家庭で使う人や一人暮らしの人ならおしゃれなデザインのものを選ぶ。
そういった選び方もお勧めですので、色々調べて実際に見てみて下さいね。


●ウォーターサーバーはコンパクト●

ウォーターサーバーはコンパクトなものが出てきているので、どのご家庭にも置くスペースが確保出来ると思います。
電話帳が置けるくらいのスペースで充分ですから、無理なくウォーターサーバーを置けるのではないでしょうか?
とは言っても、お部屋の広さは皆さん違いますので実際に大きさを確認して、メジャーなどで確かめてみることをおすすめします。
無理なく置けるなら使いたい!という人もいるはず!


●震災時に備えて置こう●

今までに何度か大きな地震が起きて支援物資に困ってしまった経験がある人もいると思いますし、まだ被害を受けていない人もいますよね?
大きな災害が起きてしまった時に何もないと困りますし、どうしていいのかわからなくなってしまいます。
そういった万が一の時に備えてウォーターサーバーを利用している人もいるみたいですよ。
そういう人は賞味期限が長く保つものを選んで購入されているみたいですので、皆さんもいざという時に備えておきませんか?

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

日本の名水を自宅で楽しめます

富士山周辺の原野を散策していると、随所に富士山嶺の豊富なミネラルを含んだ天然水を飲用できる場所があります。まろやかな味舌触りが良く喉越しにスッと入りこんで行くような水、何ともすがすがしい後味が残る素晴らしい天然水です。そのような素晴らしい天然水を、ウォーターサーバーが家庭で手軽に飲用できるようにし、飲み水だけでなく料理用などにもふんだんに使用できることを可能にしました。(外部サイト:ウォーターサーバーや天然水を比較)


<水質選びがウォーターサーバー採用の第一歩です>

ウォーターサーバーで供給される水の質は、供給業者により様々であり、採水地、水質、水の特徴など自分の好みの水を選ぶことが、後で後悔しないための最初に実施する事です。初めて利用する方にとっては、どんな水が自分に合っているかが分かり難いと思いますので、出来る限り硬度成分の低いミネラルが豊富に含まれている天然水を選ぶことが無難です。水の採水地については、ネット検索で、日本全国各地の名水とそれを利用した業者名などの情報が詳しく出ているので、納得のゆくまで調査する事をお勧めします。


<料金体系も重要な要素です>

いくら自宅で簡単に何時でもおいしい水が飲めると言っても、料金が高くてはその効果も半減します。料金体系としては、ウォーターサーバー設置料と配送を含めた水の料金がありますが、サーバー設置料については多くのサプライヤーは無料になっており、水の料金のみの負担になります。料金は大体リッターあたり85円~160円程度、業者によってはサーバーレンタル料が必要な場合もあるので、事前の確認が必要です。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーをレンタルする際に

ウォーターサーバーをレンタルしたいと思う方も最近では多くなってきていると思います。
ですが、どのようにレンタルをすればよいのか、何か契約や条件があるのではないかと悩んでいる方もいるかもしれません。(>>>>>ウォーターサーバーをレンタルする前に)まず、知っていてもらいたいことはウォーターサーバーのお水にも賞味期限があるという事です。
賞味期限は大体6カ月程になるそうです。
そして、サーバーを保管する場所についてですが直射日光の当たらない場所が原則になります。
きちんとウォーターサーバーの置く場所を決めてからレンタルするようにした方が良いですね。
頼んでしまってから慌てて置く場所を探すなどといったことがないように!


●ウォーターサーバーを活用しよう●

レンタルはその業者によって異なるみたいですが、無料でレンタルできるところもあるそうです。
それなので試してみたい方や興味のある方にはぜひレンタルをおすすめします。
思っていたよりも実際に使ってわかることもあるかと思いますので、試してみて実感するのも良いかと思います。
お水はお水としてもお湯としても使う事が出来ますし、料理に使ったり飼っているペットの飲み水としても使用が出来るのでとても便利だと思います。
また、安心して飲めるお水なので安全面を気にしている方にも非常にお勧めです。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーが故障した時は

ウォーターサーバーを買い取って利用している場合を除くと、基本的にサーバーはレンタルによる借り物です。そんなサーバーが故障してしまったら、弁償か?買い取りか?と少なからず焦るものです。


サーバー故障に関する話

ウォーターサーバーが故障した際の対応は当然会社や商品によって異なります。しかし多くの会社は「通常の利用範囲内」の故障である場合、無料交換や無料修理に応じてくれます。ただし前述の「通常の利用範囲」外の故障、例えば子供が強い衝撃を与えて故障した場合やペットが配線を齧って故障した場合、修理代の一部が利用者負担になる事もあります。こればかりはどの程度の修理によるかで値段も変わってきてしまいますが凡そ5250円~10500円という話をよく聞きます。


まずはウォーターサーバー公式ダイアルに電話を

ウォーターサーバーが故障してしまったら、まずは利用しているサーバーの公式ページなどに掲載されている専用ダイアルに連絡しましょう。基本的には上記のような運びになるとは思いますが、何処までが利用者負担で何時代替機が届くのかといった詳細はやはり電話で確認してみるのが一番でしょう。むしろ電源が長期間切れたままサーバーを放置しておく事や故障したままウォーターサーバーを利用するのは衛生面などにリスクが伴います。電話しない事には定期配達の水も届き続けてしまいますので早めの対応が望ましいでしょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバー利用に伴う電気代

“ウォーターサーバーは意外と忘れられがちな事ではありますが広義には「家電」に分類されます。またボトルやサーバー内の水や空気を新鮮なまま維持する為には24時間常に稼働させておく必要があり、電気代もその分かかってきます。


ウォーターサーバーにかかる電気代相場

ウォーターサーバーは主に冷水機能やサーバーの水を清潔に保つ為の常駐電力と、温水を利用する際のヒーター電力、二通りの方法で電力を消費します。その為どの程度温水を利用したかによって消費電力は微妙に異なってきますが一般的には凡そ月1000円前後が相場だと言われています。尤も電気ポッドの使用量が減る、冷蔵庫を開け閉めする回数が減るなどのメリットもウォーターサーバーにはある為「電気代1000円増し」という考え方は厳密には正しくありません。


最近では省エネ商品も

また最近のウォーターサーバーには省エネボタンがあり外出時や夜寝る前に押す事で消費電力を抑えるサーバーや、人の気配や部屋の明るさに応じて自動で温水温度を下げて節電モードにはいる省エネ商品等も登場しているといいます。これらの省エネに対応したサーバーは豆に省エネボタンを押すなどでうまく働けば月々の電気代を凡そ500円以下に節約できると言われています。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーと宅配可能領域

ウォーターサーバー用の水は基本的に業者によって自宅まで届けて貰う事を前提としています。その為自分で買ってきたボトルを利用したりサーバーを置かず水宅配サービスだけを利用したりするといった方法を取る事は原則できません。ただだからといって実はこのウォーターサーバーの宅配水、全国何処にでも届けてもらえるわけではありません。


ウォーターサーバーと宅配範囲

まず大前提としてもちろん宅配可能領域というのはウォーターサーバーを取り扱っている企業によって異なります。その為ある会社では水を自宅まで届けてもらえて、ある会社では自宅が宅配範囲外だという事はよくあります。具体的には工場で作られるRO水を取り扱っている会社は全国配達が可能で、天然水を取り扱っている会社はその採水地の関係からか本州、四国、九州に宅配範囲が限られているケースが多いようです。ウォーターサーバー業界で人気の天然水は採水地が比較的に富士山例や京都、島根や日田などに集中しており、鮮度を保ったまま沖縄や北海道に届けるのはやや難しいようです。


別料金がかかる場合も

また中には天然水を沖縄や北海道、離島などに届けてくれる会社もあるようですが別途送料がかかる場合が殆どだといいます。申し込みの際には自分の住んでいる地域がちゃんと宅配領域に含まれているか確認するようにしましょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーとお得な申し込み時期

同じ会社の同じウォーターサーバーを頼むのであっても契約内容や、申し込み特典の内容が異なってくるのを知っていますか?ウォーターサーバー業界では比較的高い頻度で新規申し込み者を対象としたキャンペーンが開かれています。どうせ申し込むなら少しでも条件の良い時期に申し込みたいものですよね。


キャンペーンの主な特典

キャンペーンの特典に関しては会社や商品によって内容がそれなりに異なってくる為一概には何が届く、という風には言えませんが例えば初回の水料金が無料といったサービスは比較的よく見られます。また他にもサーバーレンタル料金が割安になる会社がある他、何年か分の商品券が届けられるパターンもあるようです。他にもオリジナルタンブラーがあたる、十六穀米があたる、トイレットペーパーがあたるなどキャンペーンの内容にはその会社の個性が垣間見られます。


ウォーターサーバーの申し込みは公式が強い

このようなキャンペーンは広告代理店や新聞などについているクーポンはもちろん、意外な事に各ウォーターサーバー会社の公式ホームページなどでもよく紹介されています。これらは意外とお得で他のクーポンと引けを取らないどころか公式が最もお得だったという話も珍しくありません。申し込みの際にはせっかくなのでこれらキャンペーンにも注目してみましょう。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment

ウォーターサーバーと最低利用期間

ウォーターサーバー関連商品ではレンタルなら本体価格もかからないし送料やレンタル料は無料、今ならお試しも!なんてふれこみをよく見ます。しかしこのウォーターサーバーのレンタルには実はある成約があるのはご存知でしょうか。


ウォーターサーバーと解約金

ウォーターサーバーレンタルの多くに実は「最低利用期間」と呼ばれる「少なくともこの期間は使い続けてくださいね」という期間が設けられています。それもそのはずレンタル料や送料も無料で、初回の水料金もなんと無料!なんて商品はサーバーを設置した時点では運営会社にとって大きな赤字でしかありません。それなのにちょっと使っただけで解約されてしまったのではたまったものではありません。この最低利用期間は商品によって差があり、短いもので半年、長いもので2年などと言われていますがだいたい平均1年くらいと思っていいでしょう。この契約期間を満了した上で解約するのであれば問題ありませんが、もしこの最低利用期間内に解約する事になれば「解約手数料」もとい「解約金」が発生してしまいます。こちらは凡そ5250円~10500円が相場だと言われています。


中には解約金が無料の商品も

ただ数あるウォーターサーバー商品の中にはこういった最低利用期間を設けていない会社や解約手数料がかからない商品というのも僅かですが存在します。ウォーターサーバーが必要かどうかわからないけど試してみたい、という方には丁度いいかもしれません。

Posted in ウォーターサーバー | Leave a comment